便秘になる理由

本来であれば食事を摂ったら排便したくなる、というメカニズムがある人間の体内。しかしその中でも多くの人が便秘に悩まされています。それは一体何故なんでしょう。そもそも便秘とは「週に2日以内に排便がない状態」のことを指します。大きく分けると腸の通過障害で起こる「器質性便秘」、排便の際に関わる機能や、精神的な問題である自律神経が元で起こる「機能性便秘」の二つに分かれます。 器質性便秘というのは本来の腸の形が異常であったり、手術をして腸が癒着してしまったり、炎症が起きたり腫瘍が出来たという状態で排便が困難になってしまった場合の便秘を指します。機能性便秘というのは器官の問題とは別に、自律神経のバランスや食生活などが乱れている状態から排便の機能が働かない場合のことを指します。

器質性便秘に関しては放っておくと大事になってしまう可能性があるので、すみやかに医師の診察を受ける事をおすすめ致します。反対に機能性便秘はご自分で改善することが可能です。まずはその要因を簡潔にご説明致します。弛緩性便秘(一定の緊張とリズムで運動している腸の機能が低下して起こる)・痙攣性便秘(ストレスなどを感じ、腸が麻痺してしまい狭くなる。不快感や痛みを伴う場合もある)・直腸性便秘(便意を我慢しすぎると直腸が刺激に鈍感になってしまい、便意が起こらない)・食事性便秘(食物繊維が足りず腸を刺激できず運動を行わなくなる)と四種類に分けることができます。

Copyright © 2014 便秘が原因の病気 All Rights Reserved.